« ジョギング(3) | トップページ | 数日お休みします。 »

2008年10月10日 (金)

ジョギング(4)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

読売新聞健康プラスでジョギングを4回にわたって取り上げ、ウオーキングとの違い、効果的なやり方、やる上での注意すべき点を解説しています。

ランニング障害の予防

ジョギングで、ひざの関節や骨に異常が出ることを「ランニング障害」という。
主な原因は、張り切って走りすぎること。
米国の研究では、ランニング障害を起こす人の60%でトレーニングの方法に問題があり、うち29%が週に50キロ以上も走っていたという。

東芝病院スポーツ整形外科部長の増島篤さんは「走ると筋肉に細かい傷ができ、回復する過程で筋肉は太くなる。
回復を妨げる過度の運動はよいはずがない」と指摘する。

日本体育協会は、障害を予防する目安を〈1〉1日15キロ以内〈2〉1時間以内〈3〉1キロ6分以上かけて走る――としている。

増島さんは、初心者は、ジョギングの前に「全身関弛緩節性テスト(図)」で、関節の柔らかさを確認すべきと強調する。
2008100446343071n
7項目のうち、男性では2~1、女性なら3項目が該当すれば平均的な柔らかさ。
それ以上だと、ひざ関節が大きく曲がりやすい。
じん帯を切断する危険性が高まるので、ひざ周辺の筋力を高め、関節やじん帯を守ろう。

自分ではチェックできない「癖」も問題になる。
着地時に足が外側や内側に傾いてしまう人だ。
この「癖」は矯正しないと、ひざや足首に過度の負担が加わって危険だ。スポーツ整形外科医など、専門家のチェックが必要だ。

東芝病院のように、専門外来がある病院は数少ない。日体協のホームページにある、相談できる医師のリストを活用したい。走法を会得して楽に走れるようになっても、調子に乗っては元も子もない。長続きするジョガーを目指したい。(増田弘治)

以前のエントリー、運動で糖尿病予防(1)(2)(3)(4)、も参考にどうぞ。

|

« ジョギング(3) | トップページ | 数日お休みします。 »

運動」カテゴリの記事

コメント

ホームページ&ブログ開設おめでとうございます。時々覗きに来させて貰います。
PCの前に座る楽しみが増えました。

投稿: 大下久子 | 2008年12月 4日 (木) 00時49分

久子さん、コメントありがとうございます。
しばらく休んでおりましたが、新年から復帰します。
よろしくおねがいいたします。

投稿: kiyohiko | 2008年12月31日 (水) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョギング(4):

« ジョギング(3) | トップページ | 数日お休みします。 »