« 国内のおいしいものを作る人をいかに“食べ支える”か | トップページ | 知らなかったBSEの性格 »

2008年9月24日 (水)

遺伝性のBSE発見

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

【ワシントン=増満浩志】BSE(牛海綿状脳症)の病原体である異常プリオンが、外部から感染しなくても、遺伝子の変異によって牛の体内で作られ、発症につながる例もあることが、米農務省国立動物病センターなどの研究で分かった。
研究したユルゲン・リヒト現カンザス州立大教授は「BSEがないと言われているどの国でも、この病気は発生しうる」と指摘、専門誌プロス・パソジェンズに11日発表した。

遺伝性のBSEが見つかったのは、米アラバマ州で2006年に発症した当時約10歳の雌牛。

 牛肉の輸入再開をめぐる日米交渉が続く中、感染源が注目されたが、同省などの疫学調査では手がかりがつかめなかった。
同センターで遺伝子を解析した結果、異常プリオンを作る変異が初めて見つかった。
人間にも同じタイプの変異が知られ、遺伝性のクロイツフェルトヤコブ病(CJD)を引き起こすという。

BSEは1980年代に英国で急拡大した。その始まりについては、遺伝性の異常プリオンが肉骨粉などの形で牛のえさになった――という説があり、リヒト教授らは「今回の発見がその説を支える証拠になる」としている。
20089122304 読売新聞)

最近BSEについて、専門家の話を聞く機会がありました。

誤解していたことがいくつかありました。

次回に書きます。

|

« 国内のおいしいものを作る人をいかに“食べ支える”か | トップページ | 知らなかったBSEの性格 »

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/23984516

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝性のBSE発見:

» 日本人は「本土型」と「琉球型」…遺伝解析で明らかに [ニュース検索]
 日本人は、遺伝的に「本土型」と「琉球型」に大別できることが、理化学研究所が約7000人を対象にした遺伝解析で明らかになった。日本人の起源を知る手がかりになるもので、26日の米科学誌(電子版)に掲載される。 理研の鎌谷直之チームリーダーらが、全国の病院から患者の遺伝情報データを収集。14万か所のDNAの個人差(SNP)を手がかりに分類したところ、「本土型」「琉球型」の大きく二つのグループに分けられ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月26日 (金) 20時12分

« 国内のおいしいものを作る人をいかに“食べ支える”か | トップページ | 知らなかったBSEの性格 »