« ひやりはっと | トップページ | ウコンが認知症に効果 »

2008年8月26日 (火)

牛乳ってどうなんでしょう(8)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

「牛乳の害」をGoogleで検索してみました。

ヒット数は23100件

現代栄養学とは異なる、マクロビオティックや自然食を推奨する立場の研究者が牛乳の害を説くことが多いようですが、現代医学・栄養学の立場からも牛乳の害を説いている人もいます。

米国アルパート・アインシュタイン医科大学の新谷弘実教授や当ブログでも先に紹介した宮崎大学の島田彰夫教授小児科医の真弓定夫医師、杏林予防医学研究所長・山田豊文博士などが出てきます。

一方これに反論するのは、当然のことながら牛乳供給者側の立場の人と行政です。

農水省が新潮45に対して相手に、記事訂正の申し入れをした事があったのは、当ブログの「牛乳ってどうなんでしょう(7)」で紹介したとおりです。

社団法人・日本酪農乳業協会が新谷弘実先生に公開質問状を発表し、そのやり取りがネット上に公開されています

これをどちらに軍配をあげるかは、個人個人がやればよいのでしょう。

kiyohikoは、子供時代から牛乳はキライの部類でした。

なにせ、給食の脱脂粉乳の悲惨な(?)思い出がありますから。

あまり飲みたいと思ったことがありません。

kiyohikoの考えは、こうです。

素朴に、自然の摂理に反しないかという物差しが大事と考えています。

その観点から言うと、牛乳礼賛は間違いだと思います。

しかし、牛乳を飲んで生きてきた民族がいるのだから、美味しいと感じ、好きな人は飲んでも良いんじゃないでしょうか。

何事も自己責任です。

ただし、そういう民族の人たちがどんな飲み方、食べ方をしているかを知って参考にする事を心がけるのがよいと思います。
前回書いた蜂蜜の利用などは、牛乳の欠点を補うのみ方で、粉食・乳飲民族の食文化なのですから。

|

« ひやりはっと | トップページ | ウコンが認知症に効果 »

医食同源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/23266983

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳ってどうなんでしょう(8):

« ひやりはっと | トップページ | ウコンが認知症に効果 »