« 運動で糖尿病予防(4) | トップページ | 牛乳ってどうなんでしょう(2) »

2008年8月10日 (日)

牛乳ってどうなんでしょう(1)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

毎日新聞 2008年7月29日 東京夕刊の記事です。
脳卒中:乳製品からカルシウム摂取、発症3割減--厚労省研究班
だそうです。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080729dde041040023000c.html

牛乳やチーズなどの乳製品からカルシウムを多く取る人は、ほとんど取らない人に比べて脳卒中の発症率が約3割少ないことが、厚生労働省研究班の大規模調査で明らかになった。
国際医学誌電子版に今月掲載された。日本人の死因3位の脳卒中予防につながる成果で、牛乳なら1日130ミリリットル前後、スライスチーズなら1~1・5枚で効果が期待できるという。

研究班は、岩手、秋田、長野、沖縄の4県在住の40~59歳の男女約4万人を、90年から12年間追跡し、食事など生活習慣と発病の関係を分析した。

02年までに、1321人が脳卒中を発症。乳製品から取ったカルシウムの量で5グループに分けると、1日の摂取量が平均116ミリグラムと最も多いグループは、ほぼゼロのグループに比べて脳卒中の発症率が0・69倍にとどまった。大豆製品や野菜、魚など、乳製品以外から摂取したカルシウムでは、効果はみられなかった。

研究班の磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は「カルシウム摂取が多いと血圧が低くなるため、脳卒中予防につながったのではないか。乳製品は他の食品よりも腸での吸収率が数倍高く、効率良くカルシウムが取れたようだ」と説明する。

一方、心筋梗塞(こうそく)など心疾患の発症率は、カルシウム摂取の有無と関連がなかった。乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸によって心疾患の発症率が高まり、カルシウムの効果が打ち消された結果と考えられ、乳製品の食べすぎは逆効果になる可能性が高い。

そして、「サプリメントのカルシウムの効果は不明という」と別の記事にあります。

2002年までの調査が6年経過した今発表というのは、遅くないんでしょうか。
こういう調査は、そういうものなんでしょうか。

牛乳の功罪については、諸説あります。
調べて行ってみましょう。

つづく

|

« 運動で糖尿病予防(4) | トップページ | 牛乳ってどうなんでしょう(2) »

医食同源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/22898109

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳ってどうなんでしょう(1):

« 運動で糖尿病予防(4) | トップページ | 牛乳ってどうなんでしょう(2) »