« このサイトご存知でしたか? | トップページ | プレゼント発表 »

2008年8月 1日 (金)

運動で糖尿病予防(1)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

読売新聞健康プラスの記事からです。

糖尿病は国内に患者と予備軍合わせて約1870万人といいますから人口の15%近くです。

中年後期以降の人なら何割になるのでしょうか。

糖尿病予防の運動にはコツがあるといいます。

時間は30~40分が目安。理想は1時間だそうです。

曽根さんによると、運動すると、血糖はエネルギーとして筋肉の細胞に取り込まれていく。このとき働くのが、細胞内の「GLUT4」というタンパク。運動で筋肉が刺激されると、細胞の表面に出てきて、外の糖を取り込む。ただし、こうした働きが本格化するには、しばらく時間がかかると考えられるという。

実際、血糖値を下げるホルモンの「インスリン」は運動開始から15分くらいまでの間に減るが、これは「インスリンに頼らず、効率よく血糖を取り込める状態になったことを示す」という。

「科学的な理屈は難しいかもしれませんね」と関根さん。
「でも、結論は簡単。30~40分の継続した運動がおすすめということです」

昨年の米国糖尿病学会誌に載った報告。

40~50歳の男性約8600人を4年間追跡調査し解析したところ、2型糖尿病になる確率が、通勤時に歩く時間が片道21分以上の人と比べると、11分~20分の人は1.2倍、10分以下の人は1.4倍だった。

調査した大阪市大准教授の林朝茂さん(産業医学)は「ちょっとした運動でも生活に取り組む工夫をして欲しい。もちろん、まとまった時間続けられれば、その方が効果は大きい」と話す。

kiyohikoは、かなり優秀な予備軍の部類です。
思い立って運動した事が何回かあります。
小一時間の散歩なんですが。
始める前は、1時間の散歩で消費するカロリーなんて微々たるものだ。
減量にも大して効果ないだろうと期待していなかったんです。
ところが、すぐに、ヘモグロビンA1Cが下がって、体重も少し下がったんです。
歩く事の効果は経験しています。

足の筋肉は第二の心臓といいます。
歩く事で血流がよくなることも効果の一因なのでしょう

つづく

|

« このサイトご存知でしたか? | トップページ | プレゼント発表 »

運動」カテゴリの記事

糖尿病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動で糖尿病予防(1):

« このサイトご存知でしたか? | トップページ | プレゼント発表 »