« 水と健康(2) | トップページ | 水と健康(3) »

2008年7月15日 (火)

食のリスクの一口メモ(3)

ふじみ野市 マサキ薬局の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

シーズン到来の食中毒関連のミニデータです。

       食中毒発生状況

件数     2006         2005         2004         2003         2002

事件数   1491         1545         1666         1585         1850

患者数      39026       27629       28175        29355       27629

死者数         6              7              5              6            18

        2002年の死者数が多い原因はO‐157です。

食中毒発症件数(2006年度)

          事件数     患者数     死者数     備考

総数        1491         39026            6

魚介類           80             772            1           フグ

魚介類加工品         8             164            0

肉類・加工品         71             950            0

玉子・加工品          7              158           0

乳・加工品             1                81           0

穀類                   28              335           0

野菜類                97              787           2

菓子類                11              594           0

複合調理食品     141            7194           0

その他               582          23009           2          キノコ

不明                  467           4982            1

データは、こちらから。http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/04.html#4-2

10万人当たりの年間死亡者数 というデータはこうなります。(中谷内一也・リスクのモノサシ)

ガン                    250

自殺                     24

交通事故                9

火事                      1.7

食中毒(’60年)        0.27

自然災害                0.1

食中毒(’80年)        0.0107

食中毒(’00年)        0.004

落雷                      0.002

食中毒の発生件数、患者数に比して、死亡者数はうんと少ないのですね。

ちなみに、日本人(1億2700万人)がBSEに罹るリスクは、0.0026人。

今日までBSE対策に投入された税金は、人件費を除いても約4000億円。

消費者・業界の経済損失は、約6000億円以上。

そして現実の死者はゼロ。

という計算もあるそうです。(小澤義博氏)

どう評価したら良いのでしょうか?

|

« 水と健康(2) | トップページ | 水と健康(3) »

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/22314841

この記事へのトラックバック一覧です: 食のリスクの一口メモ(3):

« 水と健康(2) | トップページ | 水と健康(3) »